ゆっくりよく噛むのは何もダイエットのためだけじゃない

ゆっくりよく噛むと、満腹感が得られるということで、ダイエットの手段によく用いられますね。

30回噛むと良いとか言われますね。私は毎回そうしているのですが、口にものを入れすぎてしまいがちなため、あまり咀嚼した感じがしません。ですので、敢えて「少量ずつ、ゆっくりよく噛む」と言い直したいと思います…自戒のために(笑)

本題ですが、よく噛むことは、ダイエットだけでなく心疾患予防にも、血糖の急激な上昇を抑える、という点から非常に役立ちます。もちろん食べ過ぎによる糖質の過剰摂取を抑えられますしね。

また、よく噛むことで脳に刺激が行きやすいとはよく言いますが、顔の輪郭の引き締めにも役立ちます。また、口角が上がりやすくなります。

試しに、鏡の前で奥歯をきちんと噛み合わせてみてください。口角がきゅっと上がりますよね?

よく噛み唾液を出すことで、唾液腺を刺激し口臭予防にも効果的です。

細かく噛み砕くことは、胃腸での消化をしやすくします。それだけでなく、小さく噛み砕かれた食べ物は塊よりも表面積が増え、強酸の胃液に触れやすくなりますので、ある程度は食中毒を防ぐことが可能です。

…よく噛むって、メリットばっかりですね。

デメリットは、食べるのに時間がかかることですかね。働いている方にはかなり影響がありますが、それで食事量が適正化すれば一石二鳥といえます。

気づいた時、余裕のある時に、少量ずつゆっくりよく噛むことを始めてみましょう!